新着情報

◆2017/11/21
沖縄旅行でのレンタカーはどんなポイントをチェックすべきかの情報を更新しました。
◆2017/09/27
免責事項を新規投稿しました。
◆2017/08/21
1日で世界一周旅行が体験できるという謳い文句の老舗テーマパークを新規投稿しました。
◆2017/08/10
横浜のシンボルは横浜ベイブリッジを新規投稿しました。
◆2017/08/07
3000メートルの天空!立山黒部アルペンルートの見どころを紹介!を新規投稿しました。

沖縄旅行でのレンタカーはどんなポイントをチェックすべきか

沖縄旅行をする際、最近ではモノレールができたので、主要な観光地にはそれを使って行けるようになりましたが、何と言ってもレンタカーがあれば、時間も節約できるのでおすすめです。そんな沖縄旅行でレンタカーをする際にはどんなポイントをチェックすべきなのでしょうか。

沖縄旅行でレンタカーをする際にはガソリン関係をチェック!

沖縄旅行だけにかかわらず、今やガソリンの値段は上下が激しく、予約時はガソリンが安かったけども、利用時にはガソリンが高騰していて、本当は行きたかった場所もいけないなんてこともあります。

そこでチェックしていただきたいポイントがガソリン関連のことです。まずは、エコノミーカーであること、旅行に行く人数が多ければ、ワゴンやバンを利用することになると思いますが、その中でも燃費の良い車を選ぶことがガソリン代を浮かすためには大きなポイントとなります。

移動距離が長ければ長いほどここでかなり差が付きますので、必ず車種に関しても事前姉弟できるようであれば、エコノミーなものを選ぶようにしてください。

そして、沖縄旅行では、レンタカーを使う方が主流となっているので、色々なレンタカー会社があります。通常、レンタカーをしたら、帰りに、ガソリンを満タンにして返却しなければいけませんが、これが旅行のエクストラ費用となってしまい負担です。

そうならないよう、あるレンタカー会社では、ガソリン満タン券というものを用意していて、レンタカー会社の横のガソリンスタンド指定ではありますが、どうせ通る場所なので問題ありません。エクストラの旅行費用を発生させないためにも、こういったサービスがついているレンタカー会社を選ぶようにしましょう。

レンタカー会社によってオプションが異なるのでチェック!

レンタカー会社は、観光地の沖縄ではとても主流な交通手段となっていますので、いくつも存在します。値段自体も変わりますが、実際、そこまで大差がないといえるでしょう。そこでチェックしていただきたいポイントが、どんなオプションがついているかということです。

先述したガソリン満タン券があればもちろんあればよいですし、それ以外にも、お子さんを連れて行かれる方は、チャイルドシートをわざわざ出発地から持ってくるのも嫌ですし、家にあるのにお金を払って借りるのも嫌だなという方は多いでしょう。

そんな方は、それが無料でつけられる会社を選ぶことがおすすめです。事前予約が必要になることが多いですが、これをしてくれる所は多いです。さらに、ナビがついている車は今では当たり前です。

それをつけていないけども格安で借りられる車もあるので、ナビの別途使用料がかかることがあることもあるので、ナビが別途必要な場合、それを無料で貸してくれる会社を選びましょう。もしくは、ナビを利用せず、自分のスマホをナビにするという方は、ナビのついていない車でお得にレンタカーするのもおすすめです。

沖縄の移動手段は便利なレンタカーで!


皆さんもご存知かと思いますが、沖縄には平成15年に開業された「ゆいレール」というモノレール以外、電車という電車が走っていません。ですので、この区間以外の移動手段は徒歩か、レンタカーかバスかタクシーになります。

徒歩では、距離に限界もありますし、かといってタクシーは、近距離の移動だけならいいのですが、何度も利用したり、長距離での移動は料金が気になります。また、バスは路線図と時刻表との格闘になりそうで、沖縄旅行ビギナーにとっては難しいですよね。

もちろん、観光スポットを周遊するツアーバスもありますが、すべて自分の行きたい場所とは限りませんし、団体行動で時間も制限されるのもネックですよね。でも、レンタカーならマイカーのように観光コースを自由に決められますし、途中で予定変更してどこかに寄ったり、休憩したり、自分たちのペースで移動できるので便利!ナビ付きなら、行き先をセットすれば迷わず到着できるのもメリット!

お一人様はもちろん、カップル、グループ、大家族など乗車する人数に合わせて車種が選べますし、小さなお子さんがいるご家庭は、チャイルドシートもオプション料金で装着できるので安心ですよ!空港までレンタカー会社が車で迎えに来てくれるところがほとんどなので、フライトの時間が決まったら、すぐにレンタカーを予約しておくのがおすすめです!

ハイブリットカーやコンパクトカーを選びドライブを楽しむ


格安チケットはバスや自動車がメインの交通機関、また、離島が多いのでフライトによる空の便や船・フェリーが主たる交通機関です。このように日本の中でも他県にない、さまざまな地方色豊かな特色があり、亜熱帯地域に属している事もあって異国のような趣があるのも沖縄の魅力です。

住民の移動手段の殆どが自家用車に頼っている沖縄、自動車保有台数は平成23年1月に100万台を超えたとの事(内閣府沖縄総合事務局による)、そのうち乗車は約72万台、小型車・軽自動車が占める割合は乗用車全体の85%以上です。

沖縄県全体の人口約140万人、沖縄の自動車社会が如何に発達しているかは、このデータを見ても理解でき、長距離走行の少ない沖縄の特徴も良くあらわれています。沖縄のレンタカー台数もこの10年間で4倍以上の増加で約25,000台、個人旅行やリピーターの増加による需要が旺盛な事が伺われます。

環境汚染問題のことを考えると、余り喜べない数字かも知れませんが、沖縄を愛し、レンタカーを愛用する者にとっては、嬉しい存在です。やはり沖縄旅行では、レンタカーは欠かせない存在、環境問題を考えできる限り排ガスの少ない、ハイブリットカーやコンパクトカーを選び、ドライブを楽しむことにしています。